妊婦の妊娠中のダイエット!中毒症リスクを回避して安産を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の妊婦の肌荒れを何とかしたい

妊娠中の妊婦の肌荒れを何とかしたい
妊娠中の肌荒れに悩む方は多いです。女性ホルモンのバランスが乱れたり、肌質の変化によるものも多いですが、食生活を整えてノンコメドジェニックの機能性化粧品を使用することでケアできます。 next

妊娠中の妊婦の便秘を何とかしたい

妊娠中の妊婦の便秘を何とかしたい
妊娠中に太り過ぎてダイエットしたい方は、まず便秘を解消することで自律神経が集中する大腸の働きが改善して、新陳代謝が良くなり痩せやすい体質にしていくことができます。 next

妊娠中毒症や難産を避けるためにも妊婦の適度なダイエットは重要です

ダイエットというと食事を抜いたり、激しいトレーニングや運動を行うというイメージがありますが、元々は健康的な適切な体重を維持するというもので、無理なく継続できる範囲で日々の食事や生活習慣を整えるというのが本来の意味合いです。

そういう意味では、妊娠中の妊婦さんもダイエットと適正体重の体重管理は必要ですし、積極的に意識するべきです。とくに太り過ぎて体重オーバーの肥満の状態になると、出産リスクや様々な弊害が出てきます。

妊娠前より体重増加が進んで太り過ぎると、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や妊娠糖尿病を発症するリスクが高くなりますし、出産の時に赤ちゃんが子宮から出てくる産道に脂肪が溜まりすぎてしまうと難産になる確率も高くなります。実際、妊婦さんの太り過ぎは妊娠中毒症などのリスクを高めてしまうため、東北大学の東北メディカル・メガバンク機構などの各研究機関もゲノム解析などを利用して研究を進めています。

厚生労働省の資料でも目安として体重が一週間で500グラム超の増加をした場合は注意信号であるとしていて、妊娠10週までに7キログラムから12キログラムが専門家の間でも標準とされています。また、産婦人科に定期的に通う中で医者にダイエットをするように指示されるというケースも増えてきています

妊娠中期に入ると食欲が出てくる妊婦さんが多いです

妊娠初期を乗り越えて妊娠中期になると、つわり等も解消してきて食べたいという欲求が高まってきます。

おすすめの食材としては、大根やキャベツ、トマトなどの野菜や牛乳や酵素のドリンクがありますが、クックパッドで材料を入力してマタニティ向けのレシピや調理の方法やおすすめランキングをチェックしてみるのもオススメです。

もちろん、鉄分やビタミン類、酵素や葉酸などの栄養は必要なので普通に摂取するのは良いのですが、食欲にまかせて間食したり、食べ過ぎてしまうと体重が増えてしまってリスクも高くなります。とくに妊娠後期に向けては、一番体重が増えてしまう時期ですので、食べすぎて摂取してしまった分は軽い運動をしてカロリー消費するように管理することを心がけましょう。

もちろん、ランニングなどの激しい運動はNGですので、気分転換を兼ねて近所を散歩する形でウォーキングする程度で十分に効果があります。美容も兼ねてマタニティヨガなど、マタニティ向けのエクササイズを試すのもストレスの解消の効果もあってオススメです。妊婦さんは、週数が進んで出産の予定日が近づく後期になるにつれてお腹が大きくなって体を動かすのが不便になってきて、運動不足になりがちですので注意しましょう。

再婚の婚活は結婚相談所で
再婚の方の婚活のポイントは、いつ自分が再婚であることを伝えるかですが、結婚相談所などを利用することで、初めから再婚でもOKという方だけを対象にして婚活をすることができます

妊娠中の妊婦のダイエットを乗り越える

妊娠して妊婦になるだけでも不安や悩みを抱えがちになるのに、加えてダイエットもするとなると精神的にもストレスがたまります。そんなときは、無事に出産を終えた産後のママのブログやかわいい赤ちゃんやベビー写真についてのブログなどを読んでストレス解消するのもおすすめです。産後の育児や生理や妊娠線の悩みなども読むことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加