妊娠中の便秘

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中に便秘になりやすいのには理由があります

妊娠すると便秘になる方は多くなり、妊婦の方の半分が便秘になるともいわれています。妊娠して環境が変わり、つわりなども影響して食習慣や食事のバランスが変化しますし、神経を配らなくてはいけないことも多く、そのことがストレスになることなどが原因として挙げられます。

体の変化も関係していて、プロゲステロン(黄体ホルモン)などの女性ホルモンの影響で腸のぜん動運動が鈍くなったり、子宮が大きくなって腸を圧迫することも原因になります。妊娠すると、まずは赤ちゃんや子宮に水分が届けられるようになってくるので、水分が不足して便秘になることもあります。水分は多めにとるようにすることを心がけつつ、朝食をしっかりとって、ときどき気分転換をしてストレスをためないようにすることが大切です。

妊婦さん特有の便秘の原因として、子宮が腸を圧迫したり、女性ホルモンが腸の動きを鈍くすることなどが挙げられます。赤ちゃんは出産時の母体の腸内環境を引き継ぐという研究もありますので便秘を放置しておかないことが大切です。

人間の腸というのは新陳代謝を促す働きがあり、便秘で鈍くなっている腸の働きを整えることで、新陳代謝が促進されて、健康的な体質に変えていくことができます。
便秘に有効な食べ物として乳酸菌を含むヨーグルトが挙げられます。実際、便秘になったらヨーグルトを食べるという方が多いですが、乳酸菌をヨーグルトで摂取する場合は1日2個程度が必要になるので、足りていないケースも少なくありません。その場合は圧倒的に多くの乳酸菌を摂取できる乳酸菌サプリを利用するとうまくいきます。

妊娠中の便秘 記事一覧

食事により便秘を解消する

便秘は食事次第で改善することが可能です。便秘に効果があるとされる食べ物は非常に多く、食物繊維を含んだ食品や、善玉菌とされる、乳酸菌やオリゴ糖などを含んだ食品、納豆菌なども非常に便秘に効果が高いとされて...

食事により便秘を解消するの続きを読む>

このエントリーをはてなブックマークに追加